アルタイ交流舎ロゴ「ユーラシアをもっと身近に感じよう」

アルタイ交流舎
(アルタイこうりゅうしゃ)

「アルタイ交流舎」は日本と中央ユーラシア・シベリアの交流を支えるための活動を、名古屋を拠点におこなっています。中央ユーラシア・シベリアの国々との交流の種が芽生え大きく育っていくまでには様々な困難、障害がありますが、それらをともに乗り越えていきましょう。


第4回「アルタイ交流舎サロン」終了しました

6月7日に、第4回「アルタイ交流舎サロン」を開催しました。

「アルタイ交流舎サロン」は、シベリア・中央ユーラシアに関するテーマについて、まず講師の方に話していただき、講演後には参加者の皆さんから質問や感想を出していただいて、双方向コミュニケーションでシベリア・中央ユーラシアについての理解を深めていく場です。

第4回は、ソグド文化史がご専門の影山さんに、「中央アジア・サマルカンドのアフラシアブ遺跡から出土した壁画——7世紀半ばのソグドと唐帝国——」というテーマでお話しいただきました。 →詳細はこちら

アルタイ交流舎の次回のイベントは、7月13日(土曜)、ユーラシア民族誌映画を見る会 「中央アジアの女性と宗教 ――映像人類学者・和崎聖日さんをお迎えして――」です。詳細は追ってお知らせいたします。


目次

  1. ご挨拶
  2. 事業紹介
  3. ニュース
  4. 中央ユーラシア・シベリアへのいざない
  5. 中央ユーラシア・シベリアの本
  6. お問い合わせ

「アルタイ交流舎」SNS